低スプレッド×ハイレバならBigBossがいいかも ≫

Tradeviewは口座タイプが多すぎる…選び方を徹底解説!

A子さん
Tradeview(トレードビュー)で口座開設したいけど、どの口座タイプを選んだらいいのかな…
という疑問をお持ちの方向けの記事です。

Tradeviewの口座開設ページを開いてみると…


なんと12種類の取引プラットフォームの中から選択をする必要があります。

A子さん
多すぎてどれを選んだらいいかわからない…
という方のために、この記事では、

「それぞれの口座タイプの特徴」
「Tradeviewの正しい口座タイプの選び方」

について詳しく解説していきます。

目次

Tradeviewの12種類の取引プラットフォームを解説

Tradeviewの口座開設画面では、12種類の選択肢がありますが、

この中でFX用の口座タイプは6つだけです。

FX取引用の口座タイプ

  • メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector
  • メタトレーダー4 X Leverage(スタンダード口座)
  • メタトレーダー5 Innovative Liquidity Connector
  • メタトレーダー5 X Leverage(スタンダード口座)
  • Cトレーダー
  • バイキング

TradeviewでFX取引をする場合は、

上の6種類の中から1つを選択して口座開設することになります。

逆に、FXとは関係ない口座タイプは以下の通りです。

FX取引とは関係ない口座タイプ

  • FIX/API(Financial Information eXchange/Application Programming Interface)
    機関投資家向けのサービス。
    独自に開発した取引ツールを利用して、Tradeviewでトレードするための専用口座
  • sterling(スターリング)
    株式・オプション取引用プラットフォーム「sterling」を利用するための専用口座
  • Rhinotrader
    株取引用プラットフォーム「RHINO TRADER」を利用するための専用口座
  • Tradeview MT5 株式
    MT5での株取引専用口座
  • Tradeview Lightspeed
  • Tradeview Fusion

Tradeviewの口座タイプは4種類!

TradeviewでFXをする場合は、4種類の口座タイプがあります。

FX取引用の口座タイプ

  • X Leverage口座
  • ILC口座
    Innovative Liquidity Connector
  • Cトレーダー口座
  • バイキング口座

それぞれの特徴を表でまとめてみました。

①MT4 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)
②MT4 X Leverage(スタンダード口座)
③MT5 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)
④MT5 X Leverage(スタンダード口座)
⑤cTrader口座
⑥CURRENEX口座

①MT4 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)

MT4をメインプラットフォームとし、スキャルピングやデイトレード中心で、スプレッドを抑えたいトレーダーに向いている口座です。
最大レバレッジは200倍で、発注方式はNDD方式のECN口座になります。
平均300倍~400倍が海外FXの平均ですので、レバレッジは少し低めと言えます。
取引手数料は1LOTあたり往復5ドルとかなり低めです。
但し、最低入金額が10万円からとなっており、若干高めの設定になっています。
ロスカット水準は100%で、ゼロカットシステムももちろん採用されています。

②MT4 X Leverage(スタンダード口座)

MT4をメインプラットフォームとしたトレーダー向けで、Tradeviewのスタンダードの口座になります。
最大レバレッジは500倍で、発注方式はNDD方式のSTP口座になります。
最低入金額は1万円からとなっており、ロスカット水準は100%、ゼロカットシステムもあります。
スイングトレードや長期トレード等が中心のトレーダーや、レバレッジを大きく利かせたいトレーダーに向いている口座になります。

③MT5 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)

MT5をメインプラットフォームとし、スキャルピングやデイトレード中心で、スプレッドを抑えたいトレーダーに向いている口座です。
基本スペックは、①のMT4 ILC口座と同様です。

④MT5 X Leverage(スタンダード口座)

MT5をメインプラットフォームとしたトレーダー向けで、Tradeviewのスタンダードの口座になります。
こちらも基本スペックは、②のMT4 X Leverage口座と同様です。

⑤cTrader口座

cTraderをメインプラットフォームとしたトレーダー向けの口座になります。
cTraderは、スキャルピングに特化したプラットフォームですので、裁量のスキャルピングを行うトレーダー向けの口座という事になります。
最大レバレッジは400倍で、発注方式はNDD方式のECN口座になります。
最低入金額は10万円からとなっており、ロスカット水準は100%、ゼロカットシステムもあります。

⑥Currenex口座

Currenex(カリネックス)をメインプラットフォームとしたトレーダー向けの口座になります。
Currenexとは、アメリカのカリネックス社が開発したプラットフォームで、もともとプロの投資家や機関投資家用に開発されました。
プロ向けというだけあって、板情報が見られたり、多彩な発注方法があったりします。
但し、利用者が少ない為、情報が少ないプラットフォームでもあります。
今の所、海外FX業者の中ではTradeviewのみで利用する事が出来ます。
プロと同じ環境で取引したいトレーダーにおすすめです。

X Leverage(エックスレバレッジ)口座

「X Leverage口座」は、Tradeviewのスタンダード口座です。

ILC(アイエルシー)口座

Innovative Liquidity Connector

Cトレーダー口座

あああ

バイキング口座

あああ

4種類の口座タイプの特徴まとめ

Tradeviewは非常に高い取引スペックを有しているので、
中級~上級者トレーダー御用達の海外FX業者です。

ただ、日本語化が十分でなかったり、そもそも情報が少なかったりするので、

「Tradeviewを使ってみたい!」と考えている方にはハードルが高かったりします。

特に口座タイプはたくさんあるので、

口座タイプの選び方

おすすめはctrader
スタンダードは微妙(tradeviewでstp口座を開設するメリットは少ない。stpなら他業者のほうが稼ぎやすい)
もちろん用途によるからそれに合わせて解説

取引方式で口座タイプを選ぼう!

ユウ
具体的には、取引方式によってレバレッジに差が生まれます。
「X Leverage口座」はSTP方式で、それ以外の口座タイプはECN方式を採用しています。

  • STP方式(Market Execution)
    Straight Through Processing方式の略。
    FX業者の提携している金融機関から、最も条件の良いレートに手数料分のスプレッドを上乗せしてトレーダーへ提示する。
    TradeviewのSTP口座はDMA(Direct market access)といって、インターバンク市場へ注文を直接注文を出す方式を採用している。
  • ECN方式(Market Execution)
    Electronic Communications Network方式の略。
    トレーダーの注文はすべてインターバンク市場の注文とマッチングする点は、STP方式(Market Execution)と同じ。
    違うのは、提示されるレートに手数料分が上乗せされないという点。FX業者への手数料は別途、取引手数料という形でロット数に応じて徴収される。

どちらもMarket Executionを採用しているので、トレーダーの注文はすべてインターバンク市場の注文と直接マッチングします。
ユウ
同じSTP方式でも、Instant Executionを採用している場合は、一度FX業者がトレーダーの注文をすべて決済します。
それぞれの違いは以下の通りです。

STP方式(Instant Execution) STP方式(Market Execution) ECN方式(Market Execution)
スプレッド 広い 普通 狭い
約定率 高い 普通 引く
約定スピード 早い 普通 遅い

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

FX歴8年目の専業トレーダー。2018年に国内FXから海外FXへ移行。ゼロカット・ハイレバを活用した低リスクトレードで生計を立てている。現在はIS6FX、XM、BigBossを主に利用中。元Web系エンジニア。

コメント

コメントする

目次