低スプレッド×ハイレバならBigBossがいいかも ≫

海外FXに追証がないのはなぜ?本当の理由を暴露します

海外FXの追証なしの仕組みを知ることで、ハイレバトレードのリスクばかり考えることがなくなります。

この記事を読めば、海外FXに追証がない理由とともに、ハイレバレッジのリスクを限りなく0(ゼロ)にできる仕組みまで分かります。

大切な3つのポイント
  • 国内FX業者と取引方式が違うことにより海外FXの追証なしが可能となる
  • 海外FX業者は追証なしを実現するためにゼロカットシステムを採用している
  • 海外FXには追証がないためハイレバレッジをかけた取引を積極的に活用できる

海外FXに追証がない仕組みを知り、ハイレバトレードに臆することなく挑戦するためにも、ぜひご参考ください。

目次

FXの追証とは

FXの追証(おいしょう)とは、取引で含み損が発生して口座残高が一定の水準を下回ったとき、追加で求められるお金(証拠金)です。

証拠金には最低限保たなければいけない水準(証拠金維持率)があり、FX業者ごとに決められています。

追証は決められた時間や期日までに解消しないと、保有するポジションの全てが自動で決済される強制ロスカットが行われます。

追証は追加証拠金の略称として頻用され、価格が暴落したときには「総悲観の追証祭り」などの俗語としても使われています。

海外FXに追証はあるの?

海外FXに追証はありません。

一般的に海外FX業者は強制ロスカットとマージンコールの水準が定められていますが、仮にどちらの水準を下回ってしまったとしても、追加入金を指示されることはありません。

国内業者の場合、強制ロスカット前にマージンコールが発生した段階で追加入金 or 損切を迫られるケースがほとんどです。

しかし海外FX業者の場合は、どんなケースにおいても追加入金は必要はないのです。

また、仮に急激な価格変動で強制ロスカットが間に合わず、顧客の口座残高がマイナスになったとしても、海外FX業者が借金を課すことはないというのもポイントです。

国内FX業者の場合、強制ロスカットが機能せずに顧客が借金を負った場合、通常は債務を整理するまで返済の要求が続きます。

ユウ

国内FXと比べることで、海外FXの追証なしのメリットが際立ちますね。

海外FXのゼロカットシステムとは

海外FXのゼロカットシステムは、口座残高を超える損失が発生しない仕組みです。

価格が急変動した際、強制ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになったとしても、海外FX業者が損失分を補って口座残高を0(ゼロ)に戻します。

ハイレバレッジはリスクが高いとされますが、ゼロカットシステムによりトレーダーが借金に追い込まれるリスクを排除しています。

ユウ

顧客の資産を守るため、海外FX業者は100倍超のレバレッジとゼロカットシステムをセットで提供しています。

海外FXに追証がない本当の理由を暴露

「海外FXの追証なし」は、業者にとって不利益でしかないように見えます。

ところが、海外FX業者が取引に採用する「NDD方式」により、利益を得る仕組みができています。

NDD方式について、多くの国内FX業者が取引に採用する「DD方式」と比較してみましょう。

国内FX業者(DD方式)と海外FX業者(NDD方式)の取引方式の違い

海外FX業者は顧客の注文を直接インターバンクに流すため、主な収益源は「取引手数料」と「スプレッド」です。

国内FX業者は顧客とインターバンクの間に介入するため、顧客の注文処理を業者が裁量で決められます。

取引手数料が無料・ゼロスプレッドを強みとする国内FX業者であれば、「顧客の利益 = 自社の損失」の構造が生まれています。

一方で、海外FX業者は顧客の注文に適切なスプレッドや手数料を上乗せすることで利益を得ています。

そのため、「顧客の取引回数 = 海外FX業者の利益」が成り立つため、顧客が積極的にトレードできる環境の整備に前向きです。

その一貫として、海外FX業者は追証なしを実現するゼロカットシステムを採用しています。

顧客が借金を負うリスクを0(ゼロ)にする最大のメリットを打ち出し、ハイレバトレードの回数を増やして収益性を高めています。

ユウ

私たちが適切なコストを支払うだけで、追証なし・ハイレバレッジなどの充実したサービスを利用できています。

海外FXの追証なし・ゼロカットシステム 2つのメリット

海外FXは追証なしによって、2つの大きなメリットを受けられます。

  • 借金を負わない
  • ハイレバレッジを安心して使える

順番に解説します。

メリット①:借金を負わない

追証なしの最大のメリットは借金を負わないで済むことです。

10万円から億り人を達成した海外FXの成功者たちは、追証なしを味方につけています。

国内相場には「追証祭り」なる俗語があるほどです。強制ロスカットが間に合わない価格変動に巻き込まれると、そのまま借金に迫られます。

一方で海外FX業者は、マージンコール、強制ロスカット、そして追証なしの3段構え。あなたに資金管理を促す仕組み、そして借金を負わない環境までも用意されています。

メリット②:ハイレバレッジを安心して使える

2つ目は、借金がないと約束されているからこそ、ハイレバレッジを安心して使えることです。

少ない資金でも、1000通貨でたくさん取引の練習ができますし、一攫千金を狙った一発勝負も可能にします。

海外FXのハイレバレッジは、トレードの自由度を高める大きなメリットがあります。

ゼロカットシステムと追証なしの守りのシステムにより、海外FXでハイレバトレードに臆することなく挑戦できます。

ユウ

海外FXでは標準のシステムなので、国内FXではありえないメリットを忘れてしまいがちです。

海外FXの追証なし・ゼロカットシステム 2つのデメリット

海外FXの追証なしは優れたシステムですが、メリットばかりではありません。

  • トレードが甘くなる
  • 業者の負担が大きくなる

2つのデメリットについて解説します。

デメリット①:トレードが甘くなる

どうしても、追証なしの安心感がトレードを甘くしがちです。

ハイレバ一発勝負は最たる例で、運任せのトレードが安定して稼げない原因になりえます。

ゼロカットと追証なしは万が一の事態に備えた守りのシステムです。

追証なしの油断からエントリーが疎かになっていないかを確認していきましょう。

デメリット②:業者の負担が大きくなる

視点を変えてみると、海外FX業者の負担の大きさが想像できます。

XMをはじめ、人気の大手FX業者は世界中に顧客を抱えています。数分間の価格暴落では、万単位の顧客の口座残高がマイナスに傾くこともあるでしょう。

時としてゼロカットシステムは莫大なコストとなり、海外FX業者の経営を圧迫します。

そのためスプレッドを広くするなどの対応で、顧客メリットの一時的な低下も考えられるでしょう。

ユウ

海外FX業者さんとwin-winの関係が理想的です。暴落時の負担の大きさだけでも理解しておきたいですね。

海外FXの追証なし・ゼロカットシステム 3つの注意点

追証なしのデメリットに加えて、注意点もきちんと知っておけば安心です。

  • 業者が約束を破る
  • 業者が経営破綻する
  • 両建てで口座凍結する

3つの注意点について、順番に解説します。

注意①:業者が約束を破る

異例ではありますが、追証なしの約束を海外FX業者が破った事例があります。

2015年1月15日、スイスフランショックの激震が走りました。
海外FX業者のFXDDは顧客の損失が莫大だったためか、追証なしの約束を破り証拠金の追加を請求したのです。

完全に顧客を裏切る行為であり、信用を著しく損ねたと言えるでしょう。

リスク管理の観点で、複数の業者に口座を開いてトレード資金を分散させる必要性が分かります。

ちなみに、現在のFXDDはロスカット水準が50%で追証ありとなっています。

注意②:業者が経営破綻する

スイスフランショックでは、顧客への追証なしの約束が原因で経営破綻した海外FX業者がありました。

当時イギリスの大手FX業者だったアルパリは、顧客から資金の回収を試みる前から経営破綻を宣言。
同社の日本法人は関東財務局から日本の投資家保護の命令を受ける事態となりました。

海外FXの追証なしは、業者にとってブラック・スワンリスクになりえます。
1つの口座に資金を集中させることの危険性を再確認できる事例です。

注意③:両建てで口座凍結する

海外FX業者は複数の業者を利用した両建てを禁止しています。

また、同一業者における複数の口座を利用した両建てを禁止するところが大半で、一般的に単一口座のみの両建てが許されています。

両建てが制限される理由は、急激な価格変動時に同数量のロングとショートでエントリーし、口座残高マイナス分はゼロカットシステムで業者に補填させ、プラス分の利益のみを残すトレーダーが現れるためです。

なお、単一口座でも相場急変時の両建ては一般的に禁止されています。

ユウ

デメリットと注意点を正しく理解しておくだけで万が一の事態に備えることができ、海外FXのリスクをなくせることが分かって安心です。

海外FXで追証なしの安全な業者の選び方 

ここからは海外FXの追証なしで安全な業者比較のやり方・選び方をご紹介します。

  1. ゼロカットシステムを採用
  2. 強制ロスカットの適用
  3. 分別管理で顧客資産を保護
  4. 透明性の高い取引方式
  5. ハイレバレッジを提供
  6. ボーナスで資金が増える

1つずつ解説していきます。

比較①:ゼロカットシステムを採用

ハイレバレッジをフル活用するためにゼロカットシステムの採用は絶対です。

スイスフランショックでは20分ほどでEUR/CHFが1.20フランから0.85(3,500pips)フラン程まで暴落しました。

ゼロカットシステムがなければ、一生返せない借金を背負ったトレーダーに溢れかえったことは言うまでもありません。

比較②:強制ロスカットの適用

2つ目に、強制ロスカットの適用です。

海外FX業者のロスカット水準は、一般的に20%に設定されています。

ゼロカット執行前の強制ロスカットにより、急激な価格変化に対する二重のリスク管理となります。

比較③:分別管理で顧客資産を保護

3つ目に、分別管理による顧客資産の保護です。

分別管理とは、あなたが口座に預け入れた資金を業者が契約する金融機関の口座へ入金して管理することです。

業者の経営資金と完全に切り離した状態になるので、万が一の事態でもあなたの資金がそのままの状態で保管されています。

当サイトでは、分別管理で顧客資産を厳重に管理している海外FX業者のみを厳選しているのでご安心ください。

比較④:透明性の高い取引方式

4つ目は取引にNDD方式を採用していることです。

上記「海外FXに追証がない本当の理由を暴露」の通り、顧客が追証なしのメリットを受けられるのは、業者側とwin-winの関係になるNDD方式のおかげです。

さらに、NDD方式を採用する海外FX業者は経営の透明性が高く、開示データへの信頼性が担保されます。

比較⑤:ハイレバレッジを提供

5つ目に、ハイレバレッジを提供していることです。

そもそも追証なしを調べている理由は、ハイレバトレードで大きく稼ぐ目的のためだと思います。

当サイトのオススメ業者はゼロカット適用かつ追証なしがセットになっているので、過度な心配をせずにハイレバトレードをご活用ください。

比較⑥:ボーナスで資金が増える

最後にハイレバトレードの資金を増やすボーナスやポイントがもらえるかの比較です。

あなが海外FXに感じるメリットは、豪華なボーナス優遇にあるのではないでしょうか。

例えば、XMでは「新規口座開設」でボーナス、その後の「入金」でもボーナスがプレゼントされます。

さらには、取引の度にポイントまで付与されて、全てを口座の資金に充てられます。

無料で貰ったボーナスのハイレバトレードならリスクゼロ。さらには追証なしで大切な資金が完全に守られる海外FXをフル活用していきましょう。

ユウ

6個も比較するのは大変ですね。追証なしはもちろん、親切な顧客サポートによる安心感などを含めた総合的な判断より、3つのオススメ業者をご紹介します。

追証なし・ゼロカット採用|オススメ海外FX業者3選

上記をふまえて、追証なし・ゼロカット採用はもちろん、ハイレバトレードで稼ぎやすい3つの業者を厳選しました。

  • XM(エックスエム)
  • GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  • BigBoss(ビッグボス)

トレードの資金を補強するボーナスや取引ポイントのメリットにもご注目ください。

XM|追証なし オススメ海外FX業者 第1位

XMは海外FXで追証なし・セロカットシステム採用のオススメ業者
口座の種類スタンダード・マイクロ・ゼロ(ゼロ口座は暗号資産CFD対象外)
取扱商品FX、株価指数、貴金属、エネルギー、暗号資産(仮想通貨)
ゼロカットシステムあり
ロスカット水準20%
分別管理あり
取引方式NDD方式
最大レバレッジ(倍率)FX:1000倍、その他商品・銘柄・口座残高で異なる
キャンペーン口座開設・入金・取引・友達紹介(ゼロ口座は全て対象外)
ポイント制度3種類のボーナスに交換できるXMポイントをプレゼント(ゼロ口座は対象外)

XM(エックスエム)は日本人ユーザー最多の海外FX業者です。

SNSでXMの情報が簡単にわかり、専門スタッフが不安や疑問に親切に対応してくれるため、初心者の方でも安心して利用できます。

6つの比較でGEMFOREXとBigBossの半歩先を行き、上記から得られる安心感を重視して一番にオススメできる業者です。

キャンペーンが充実しており、口座開設をはじめ、入金と友達紹介でもトレードに使えるボーナスがプレゼントされます。

さらには、ボーナスや現金に交換できるXMポイントが取引のたびに自動で付与され、トレード資金を補強できます。

もちろん、XMは追証なしでゼロカットシステムを採用しており安心です。

XMはあなたの資産をしっかりと守りつつ、ボーナスとポイントの資金増でハイレバトレードで稼ぎやすい大きなメリットを与えてくれます。

メリットデメリット
追証なし・ゼロカットシステム採用
NDD方式で取引の透明性が高い
最大レバレッジ1000倍の取引ができる
口座解説・入金・友達紹介で3つもボーナスが貰える
XMポイントでもトレード資金を補強できる
情報が充実しておりネットで疑問点を解決できる
サポーターの早く丁寧な対応でも安心感が得られる
ハイレバスキャルピングに適した狭いスプレッドの銘柄が少ないので、リベートキャッシュバックの利用が必要

GEMFOREX|追証なし オススメ海外FX業者 第2位

GEMFOREXは海外FXで追証なし・セロカットシステム採用のオススメ業者
口座の種類オールインワン・ガチゼロ・ロースプレッド・レバレッジ5000倍
取扱商品FX、株価指数、貴金属、エネルギー
ゼロカットシステムあり
ロスカット水準20%
分別管理あり
取引方式
最大レバレッジ(倍率)FX:1000倍(口座数限定でレバレッジ5000倍)、その他商品・銘柄・口座残高で異なる
キャンペーン口座開設・入金・友達紹介・誕生日・他社からの乗り換え
ポイント制度

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は日本製のFX業者として広く知らせ、世界中に顧客を有し活躍しています。

経営陣5名中4人が日本人、スタッフの半数も日本人のためか、XMと同じく顧客の細かなお悩み・ご質問に細やかな対応をしてくれます。

取引にNDD方式を明言していないのが残念なところ。DD方式とのミックスのようですが、約定拒否が頻発するなどの報告は一切ないのでご安心ください。

GEMFOREXはおもてなしの心に溢れており、豪華キャンペーンは業界No.1です。

新規口座開設で15,000円をプレゼント、続く入金に対して100%分のボーナスを上乗せしてくれます。
さらに友達紹介・誕生日・乗り換えにもボーナスが用意されており、新たにGEMFOREXを利用する人を大歓迎しています。

取引でポイントがつかないデメリットを差し引いた上で、XMよりもボーナスメリットを強く感じるときにはメイン口座にしても良いですね。

メリットデメリット
追証なし・ゼロカットシステム採用
最大レバレッジ1000倍の取引ができる
口座開設・入金・友達紹介・誕生日・他社からの乗り換え、合計5つもボーナスが貰える
情報が充実しておりネットで疑問点を解決できる
サポーターの早く丁寧な対応でも安心感が得られる
NDD方式を明言していない
取引の度に資金が増えるサービスがない

BigBoss|追証なし オススメ海外FX業者 第3位

BigBossは海外FXで追証なし・セロカットシステム採用のオススメ業者
口座の種類スタンダード・プロスプレッド
取扱商品FX、株価指数、貴金属、エネルギー、暗号資産(仮想通貨)
ゼロカットシステムあり
ロスカット水準20%
分別管理あり
取引方式NDD方式
最大レバレッジ(倍率)FX:1111倍(レバレッジ5000倍は口座数限定)、その他商品・銘柄・口座残高で異なる
キャンペーン口座開設・入金(定期開催)
ポイント制度取引するほど資金を増やせるBigBossポイントをプレゼント

BigBoss(ビッグボス)も追証なし・ゼロカットシステム採用はもちろん、最大レバレッジが1111倍でXMとGEMFOREXに勝る業者です。

近年、暗号資産(仮想通貨)FXにも力を入れており、商品数の拡充・安定した約定力の高さなど、ハイレバレッジで大きく稼ぎやすい取引環境を用意しています。

ボーナスにおいてはXMとGEMFOREXに引けを取るものの、上限なしのBigBossポイントを取引の度に獲得でき、トレード資金に充てることができます。

また、サポートやマイページは完全日本語対応で海外FXが初めての方も安心してご利用いただけます。
ボーナスのメリットが少ないことを除けば、1位にランクアップでオススメする業者です。

メリットデメリット
追証なし・ゼロカットシステム採用
NDD方式で取引の透明性が高い
最大レバレッジ1111倍の取引ができる
BigBossポイントでトレード資金を補強できる
サポーターの早く丁寧な対応で安心感が得られる
ボーナスメリットが少ない※最大5000ドルクレジットが当たるキャンペーンあり

国内FXで「追証あり」の理由

国内FXで「追証あり」の理由は、法律※でゼロカットの適用が禁止されているためです。

※参考:昭和二十三年法律第二十五号 金融商品取引法 第三十九条 損失補填等の禁止

「顧客の損失の全部若しくは一部を補填する行為」の要約が該当します。

口座残高のマイナス分を補う行為は上記そのものであり、国内FX業者にゼロカットシステムがない理由です。

そのため、国内FXにおいて追証が発生して放置していると、支払いの催促の後に取り立てられることになります。

顧客としては返済を最優先し、無理なら債務整理、人によっては訴訟を検討することもあるでしょう。

その点「追証なし」の海外FXのメリットが際立ちますね。
顧客に大きく稼げるサービスを提供するため、日本の金融ライセンスを取得しない理由にも納得がいきます。

海外FXでゼロカットが執行されるタイミング 

万一の事態に備えて、海外FXでゼロカットが執行されるタイミングを確認しておきましょう。

いずれも口座残高がマイナスになってから執行されるまでの時間・日数の目安です。

スクロールできます
海外FX業者ゼロカットの執行タイミング(目安)
XM追加入金・XMポイントを現金へ交換・他口座からの資金移動のいずれか
GEMFOREX60分以内を目安
BigBoss1~2営業日以内
AXIORY24時間以内
IS6FX口座に入金したとき

トレード資金になるボーナスがもらえる業者については、ボーナス付与分を相殺してもまかないきれないときにゼロカットが執行されます。

目安の執行タイミングを経過しても口座残高が0(ゼロ)に戻らないときは、各業者のカスタマーサポートにお問い合わせすれば大丈夫です。

例えば、BigBossは3営業日以降もリセットされない場合、サポートにご連絡することで対応していただけます。

ゼロカットが必要な相場では、急激な価格変動でサーバーに多大な負荷が生じます。
海外FX業者がシステム的に完璧な対応ができないだろうことをご了承ください。

ユウ

速やかに注文処理されなくても、カスタマーサポーターが順番に対応されるのでご安心ください。

海外FXの追証なしに関するよくある質問

ここからは海外FXの追証なしについてよくある質問と回答をまとめます。

追証ありの海外FX業者はありますか?

日本人ユーザーが多い主要な大手海外FX業者に追証はありません。

ただしマイナーな業者には上記「注意①:業者が約束を破る」の通り、経営危機に瀕した際には契約を反故にする業者が現れるかもしれません。

そのため、日本人ユーザーが少なく確かな情報を収集できない業者を利用する際は十分に注意して下さい。

ゼロカット適用に手続きは必要ですか?

大手海外FX業者はゼロカットのタイミングが設けられています。

上記「海外FXでゼロカットが執行されるタイミング」の通り、自動で執行されるので手続きは必要ありません。

海外FXの追証なしは顧客を借金から守る

国内FX業者にはない海外FXの追証なしにより、ハイレバトレードで借金を負うリスクが完全になくなります。

海外FX業者はトレードの選択肢を広げて、大きく稼げるチャンスを提供しています。

この記事のまとめ
  • 海外FX業者はNDD方式により追証なしが実現し顧客とwin-winの関係を築いている
  • 海外FXの追証なしとハイレバレッジのセットは国内FXでは法的に不可能なサービス
  • 海外FX業者のゼロカットは口座残高がマイナスになっても0(ゼロ)円に戻す仕組み
  • 海外FX業者のXM、GEMFOREX、BigBossなら追証なしでハイレバトレードを活用できる

追証なしの真実を知ることで、ハイレバレッジに過度なリスクがないことが分かって安心ですね。

海外FXではXM、GEMFOREX、BigBossにトレード資金を分散し、リスクを限りなく0(ゼロ)に近づけながらハイレバトレードを活用していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

FX歴8年目の専業トレーダー。2018年に国内FXから海外FXへ移行。ゼロカット・ハイレバを活用した低リスクトレードで生計を立てている。現在はIS6FX、XM、BigBossを主に利用中。元Web系エンジニア。

コメント

コメントする

目次