低スプレッド×ハイレバならBigBossがいいかも ≫

BigBossのMT4導入・ログイン手順を画像付きで解説

Aさん

BigBossのMT4はどうやってログインするの?

BigBossのMT4にログインしたいけど、初めはやり方が分からないですよね。

この記事では、MT4を導入してログインするまでのステップを、画像付きでわかりやすく解説していきます。

Mac・スマホなど様々なデバイスでの導入方法を解説しているので、ぜひご覧ください。

この記事でわかること
  • BigBossの採用している取引プラットフォームについて
  • BigBossのMT4をダウンロードする方法
  • BigBossのMT4をPCにインストールする方法
  • BigBossのMT4にログインする方法
  • BigBossで年間取引報告書を作成する方法
ユウ

BigBossの登録がまだの方は、関連記事を参考にしてみてください!

目次

BigBossの採用している取引プラットフォームについて


最初にBigBossでどのような取引プラットフォームを利用できるのか、知っておきましょう。

BigBossが採用しているのは…

MT4(MetaTrader 4)とMT5(MetaTrader 5)の2種類です。

自分に適したプラットフォームを口座開設時に選択する必要があります。

そして、BigBossのMT4が対応しているOSは以下の通りです。

  • Windows
  • Mac
  • IOS
  • Android
  • Webブラウザ

以上のOSに対応しているPC・スマホ・iPadなどでトレードすることができます。

また、CRYPTOS口座(仮想通貨の現物取引専用口座)では、MT4ではなくBigBossが提供するwebページ「cryptos-trade.bigboss-financial.com」で取引します。

≫CRYPTOS口座の公式サイトはコチラ

2022年6月からBigBossでMT5が使えるようになりました!

MT4の後継版であるMT5がBigBossでも使えるようになりました。

MT5を使うためには、MT5取引専用の口座を開設する必要があります。

まだBigBossを利用していない人は新規口座開設時にMT4 or MT5を選択できます。

既にBigBossを使っているユーザーは、追加口座開設からMT5用口座を開設可能です。

他社とプラットフォームを比較

競合他社ではどのような取引プラットフォームを利用できるのでしょうか。

スクロールできます
FX業者取引プラットフォーム
BigBossMT4/MT5
XMMT4/MT5
GEMFOREXMT4/MT5
AXIORYMT4/MT5/cTrader

海外FXではMT4とMT5が主なプラットフォームとなっており、cTraderも高機能ツールとして人気があります。

残念ながら、BigBossにcTraderの取り扱いはないので、使いたい方はAXIORYなどの業者を検討してみてください!

それではMT4の導入手順を解説していきます。

BigBossのMT4をダウンロードする方法

まずはBigBoss公式サイトからMT4をダウンロードします。

BigBoss公式サイトにアクセスし、メニューにある取引プラットフォームから「MT4のダウンロード」をクリックします。

MT4のダウンロードリンクが全てのデバイスで用意されているので、利用するデバイスのMT4をダウンロードしていきます。

ユウ

BigBossのMT4はPCでもモバイルアプリでも利用可能です!

PC(Windows/Mac)のダウンロード

姓名・メールアドレス・国を記入して、Windows用またはMac用の「ダウンロードボタン」をクリックして、ダウンロードしましょう。

アプリ(iOS/Android)のダウンロード

ダウンロードボタンかQRコードからMT4をダウンロードできます。

もしくは「AppStore」「GoglePlay Store」でMT4と検索してダウンロードしましょう。

BigBossのMT4をPCにインストールする方法

ここではMacとWindowsのMT4インストール手順を見ていきましょう。

WindowsのMT4インストール手順

ダウンロードした「bigboss4setup.zip」を開いて、「bigboss4setup.exe」を起動しましょう。

セットアップが立ち上がるので、「次へ」をクリックしてインストールを開始します。

しばらくするとインストールが終わるので、完了をクリックしましょう。

MacのMT4インストール手順

Macの方はダウンロードしたdmgファイルを開くと以下の画面が表示されるので、BigBossMT4をアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップすれば完了です。

それではMT4を起動してログインします。

口座開設が済んでいない方はログインができないので、まずは口座開設をしていきましょう。

≫BigBossの口座開設はコチラ(最短3分で完了)

BigBossのMT4にログインする方法

ここではPCとMT4アプリでのログイン方法をそれぞれ見ていきます。

PC(Windows/Mac)のログイン手順

WindowsとMacで手順は同じです。

アプリケーションフォルダやデスクトップアイコンにあるBigBossMT4をダブルクリックして、MT4を起動します。

初回起動時にサーバー選択画面が表示されるので、メールに届いたログイン情報にあるサーバー名を選択して「次へ」をクリックします。

サーバー名は以下のような法則に従っています。

スクロールできます
サーバー名口座番号の規則
BIGBOSSHoldings-LIVE260, 61, 62, 63, 64, 65, 66 から始まる口座
BIGSolutions-LIVE367, 68, 69, 70 から始まる口座
BIGSolutions-LIVE473, 74, 75, 76 から始まる口座
BIGSolutions-LIVE580, 81, 82 から始まる口座

既存のアカウントにチェックを入れ、メールに届いたログイン情報をもとに、口座番号・パスワードを記入して「完了」をクリックしましょう。

これで、Windows・MacのMT4ログインは終わりです。

トレードを始めるには、画面上メニューの表示から「通貨ペアリスト」を開いて、取引したい銘柄を選びましょう。

別の口座にログインしたい場合は、画面上メニューのファイルから「取引口座にログイン」をクリックすれば、ログイン画面を表示することができます。

アプリ(iOS/Android)のログイン手順

iOSとAndroidで手順はほとんど同じですが、最初だけ若干異なります。

まずはダウンロードしたMT4アプリをタップして起動しましょう。

iOSの初回起動ではこのように表示されるので、承認をタップします。

既存のアカウントにログインをタップします。

Androidの方は、画面左上メニューを開いて「口座管理」をタップし、画面右上にある「+」をタップすると、上記の画面が表示されます。

サーバー選択画面になるので、上部の検索欄に「BIGSolutions」と入力します。

するとBigBossの専用サーバーが表示されるので、メールに記載されたログイン情報をもとに、サーバーを選択します。

ログインページが開くので、口座番号・パスワードを記入して、右上にある「サインイン」をタップすれば、ログイン完了です。

トレードするには、画面左下メニューの気配値をタップして、画面右上「+」をタップし、銘柄を気配値に追加することで、トレードを始められます。

BigBossのMT4に関する「よくある質問」


ここではBigBossに関してよくある質問に関して回答していきます。

BigBossのMT4をアンインストールするには?

MT4に不具合が生じたり、利用しなくなった際には以下の手順でアンインストールできます。

Windows
  1. スタートメニューから設定を開き、アプリを選択する。
  2. BigBossMetaTrader4をクリックしてアンインストールをクリックする。
Mac
  1. Finderからアプリケーションを開く
  2. BigBoss MT4アプリを右クリックし、ゴミ箱に入れる
  3. ゴミ箱を空にする

BigBoss公式サイトからいつでも再インストール可能です。

BigBossのMT4はMacユーザーでも使える?

BigBossのMT4は最新のMac OSに対応しているので問題なく利用できます。

OSのアップデートタイミングには注意し、MT4アプリやWebTraderも積極的に活用していきましょう。

BigBossのMT4にログインできない場合どうすればいいの?

ログインができないなどのトラブルは多くの場合入力ミスから発生します。

MT4にログインできない場合は、「サーバー情報」「口座番号」「パスワード」などの入力ミスがないかを今一度確認してください。

スクロールできます
サーバー名口座番号の規則
BIGBOSSHoldings-LIVE260, 61, 62, 63, 64, 65, 66 から始まる口座
BIGSolutions-LIVE367, 68, 69, 70 から始まる口座
BIGSolutions-LIVE473, 74, 75, 76 から始まる口座
BIGSolutions-LIVE580, 81, 82 から始まる口座

サーバー名は以上のような法則に従っています。

なお2020年のサーバー増強に伴い、BigBossのサーバー名は変更されて「BIGSolutions」という名前を冠するサーバー名に再設定されました。

久しぶりにBigBossのサーバーにログインする際はご注意ください。

BigBossのMT4でデモ口座を開設する方法は?

MT4からBigBossのデモ口座を開設することができます。

BigBossのデモ口座用のサーバーである「BIGSolutions-DEMO2」を選択して、「次へ」をクリックします。

「新しいデモ口座」を選択し、「次へ」をクリックします。

  • お名前
  • Eメールアドレス
  • 電話番号
  • 口座タイプ
  • 証拠金
  • レバレッジ

をそれぞれ選択して「次へ」をクリックします。

最後に「完了」をクリックしてデモ口座の開設を終了します。

デモ口座の開設方法についてはコチラの記事でより詳しく解説しています。

あわせて読みたい
BigBossのデモ口座の作り方|画像付きで丁寧に解説します BigBossといえば、FX初心者にも扱いやすい海外FX業者として、最近人気が急上昇しています。 そしてBigBossにはデモ口座が用意されているので、仮想のお金で取引環境を体...

BigBossで年間取引報告書を作成する方法

年間取引報告書とは確定申告の際に必要な書類になります。

FXではサラリーマン・アルバイトなどの給与所得者は年間利益が「20万円」を超えたら、主婦・学生などの非給与所得者は年間利益が「48万円」を超えると確定申告をしなくてはいけません。

その際、年間の収入と経費から所得(利益)を割り出すために、年間取引報告書が必要になってくるわけです。

BigBossの年間取引報告書はMT4・MT5のプラットフォームから出力することができます。

まずはMT4・MT5を立ち上げましょう。

ログインしたらターミナルから「口座履歴」をクリックし、さらに右クリックで「期間のカスタム設定」に進みます。

続いて期間を確定申告する年の1月1日〜12月31日に設定し、右クリックから「レポート」の保存をクリックします。

任意で名前と保存先を指定し保存すれば年間報告書のダウンロードは完了です。

年間取引報告書は確定申告に使用できるのはもちろんのこと、日々のトレードを振り返り、手法やリスクリワードの改善に使用することもできます。

まとめ

この記事ではBigBossのMT4に各種デバイスでログインする方法について解説しました。

まずはBigBoss公式サイトから使いたいデバイスのMT4をダウンロードしましょう。

MT4にログインした後は、実際にチャート分析・トレードなどを始めることができます。

また、BigBossでMT4を利用するためには口座開設を完了している必要があるので、BigBossの口座開設を済ませてからMT4へのログイン手続きをしていきましょう。

≫BigBossの口座開設はコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

FX歴8年目の専業トレーダー。2018年に国内FXから海外FXへ移行。ゼロカット・ハイレバを活用した低リスクトレードで生計を立てている。現在はIS6FX、XM、BigBossを主に利用中。元Web系エンジニア。

コメント

コメントする

目次